たゆまぬ技術の蓄積がさらなる高品質の商品を生み出します。
家庭用紙製品の分野で培った技術・ノウハウが、業界トップクラスの開発力・生産力という当社の評価に結びついています。
お客様の暮らしのために。
私たちはこれからも信頼いただける商品づくりを追求します。

優しさをカタチにする技術

当社は、製造のみを手掛ける「生産拠点」ではありません。自社内に企画・開発部門を持ち、商品のマーケティングから生産・出荷に至るまで、一貫した体制を作り上げています。中でも開発部門の業務は幅広く、徹底したリサーチをベースに試作品の開発、さらに評価試験方法の開発まで、「より良い商品」を生み出すための努力が続けられています。私たちは開発に向けて、紙おむつの基本機能を追及し続け、その結果、全国のお客様から「最も優しく、柔らかい紙おむつ」との評価をいただきました。さらなる品質の向上は、当社の永遠のテーマと言えるでしょう。そのために、開発、生産、品質管理を結ぶ社内システムや、社員自ら作り上げた商品評価システムなど、常に創造性あふれる企業づくりを進めています。

−他社には真似の出来ないクリエイティビティを−

絶対の安心を追い求めて

積極的な設備投資により、当社の工場は国内でも最高レベルの生産能力を有しています。 しかしそれ以上に特徴的なのは、原材料のセッティングから倉庫へのピッキングまで、製造工程のすべてを「機械のみ」で処理できる、省人化製造システムの開発です。当社独自の最先端技術を駆使して低コスト化を実現し、お客様へ高品質の商品を安定供給しています。資材の切り替えをスムーズに行うオートスプライサー。自動で原料をラインにセットする自動原反供給システム。商品をスキャンし不良の有無を瞬時に判断する画像検査装置。当社には「ここにしかない」数多くのオリジナル設備があります。業界トップの生産性は、こうした設備の充実があってのもの。信頼は、最先端の技術に支えられているのです

−業界トップの生産性を支える先進の設備−

品質こそがお客様を創る

当社は、一切の廃棄物を排出しない「ゼロエミッション化」を推進しています。ゼロエミッションとしての資源の再利用、有害物質を生み出さない製造技術の確立です。豊かな自然を背景に、国内でも有数の紙の産地となった地域の環境を守り、次世代に託していくこと。これもまた、私たちの目指す「優しさ」の一つの方向性です。 そのため、国際基準である「ISO9001」に基づいた品質マネージメントシステム(QMS)を構築し、それを品質保証実現のひとつのツールとして活用した上で、徹底した品質管理を行っています。 全てのお客様の信頼にお応えするために、社員一人ひとりが自ら品質改善活動を推進しています。

−商品だけではなく環境にも責任を持つ企業に−